偶然のリスク

損害保険とは、事故や地震などの偶然のリスクによって生じる損害を補償してくれる保険です。最近の巨大地震の影響で、地震保険に加入される方が多いため、損害保険の役割はますます重要になってきていますが、一定の保険金が支払われる生命保険と違い、損害額により保険金の支払いが変わる実損払方式が中心の支払いになっています。その損害保険の種類も多岐にわたり、個人向けと法人向けのも分かれていますので、リスクに応じて必要な損害保険を見極めることが大切です。個人向け保険の種類には、まず代表的なものが自動車保険です。加入が義務付けられている自賠責保険(強制保険)と任意保険があります。火災保険には、火災だけでなく地震や竜巻などの天災、盗難などにより建物や家財に生じた損害に備える保険となっています。特に地震保険は、地震、噴火、津波などで生じた建物や家財の損害に備える保険ですが、火災保険と併せて加入しなければいけないことになっているので注意が必要です。その他、障害保険は事故や入院、死亡により生じた損害に備える保険があったり、単発で加入できる旅行保険もあります。旅行保険は、国内、海外においての旅行中の怪我、病気、荷物の破損などに備えるための保険です。これらの保険は、法人向けにもいくつか用意されていたり、法人ならではの賠償責任保険などもあります。損害保険会社もいくつもあるため、納得できる保険内容を確認して加入し、今後のリスクに対して備えを準備していくと、いざというとき役立つ保険です。

コメント