種類や形態はいろいろ

損害保険についてどのくらい知っていますか?損害保険会社のCMをテレビで目にすることも多いかと思いますが、実際にどんな保険か?と聞かれるとあまり詳しく知らない人のほうが多いのではないかと思います。一口に損害保険と言っても種類や形態がたくさんあり、知っておいたほうがいいこともたくさんあるんです。まずは損害保険の基礎知識をわかりやすくご紹介いたします。損害保険とは偶然の事故などによる損害に対して保険金が支払われる保険のことを言います。自動車事故、火災、地震、怪我などによって発生した損害に対して保険金が支払われます。病気による入院などの補償は損害保険ではなく生命保険になります。いざ保険に加入するという場合、多いのが自動車保険、火災保険などです。加入方法には代理店扱い、保険会社の窓口、社員などで加入する直扱い、仲立ち人扱い(保険ブローカーを通す)などがあります。最近はインターネットの普及によるWEB上で申し込み加入する方法やコールセンターでの申し込みなど、お手軽に加入できる方法も増えてきました。保険料が安く、加入方法も簡単に好きなときに行なえるなど現代人向けといえるものも増えており、損害保険がより身近なものになってきました。しかし、安さやお手軽さに引かれて安直に加入するのではなく、自分がどんな補償を受けたいのかよく考慮して自分が加入する損害保険を選ぶ必要があるということを覚えておきましょう。

コメント